フルークスネオの価格~!

【配光と明るさ】同社のキーホルダーライトF-341とそっくりな、太くて明るい中心光と薄目の周辺光(F-341と同じ口径で、リフレクターも搭載LEDも酷似)。しかし!中心光の明るさはF-341を大きく凌ぎます。【総評】 LEDライトの黎明期から様々なライトを見てきましたが、この明るさがペンライトで実現されたことに驚きました。

コレです♪

2017年01月27日 ランキング上位商品↑

フルークスネオGENTOS Floox neo ジェントス フルークスネオ LU-707

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

。こんなに小さいのにとても明るくてビックリしました!【特長】単4電池2本で90ルーメンの!大変明るいペンライト。アウトドアや普段着だけでなく、スーツやジャケットのポケットにも違和感なく収まります。【携帯性】衣類のポケットやペンホルダーにクリップで固定でき、携帯性の良さは抜群。もちろん!Floox neoより明るいライトは沢山あります。焦点調節も明るさ切り替えも出来ませんが、懐中電灯として充分な照射能力だと思います。明るいです。太めのボールペンほどの大きさなので、持ちやすく、取り回しも良好です。ですが!100ルーメンを超えるライトを必要とする場面など!そうはありません。この明るさとランタイムをいつでも携帯できるFloox neoは!隠れた名品と言えるかも知れません。写真は!MINI MAGLite(単3×2)・F-341との比較です。【操作性】スイッチはボタン式で!半押しによる間欠点灯も可能。むしろ、鍵穴を照らす・手もと作業に使うといった用途には明るすぎるほどです。(ポケットに入れて持ち歩く場合、F-341ほど小さいと奥に入り込んでしまって取り出しにくかったり探してしまったりすることがありますが、ペンライトなら大丈夫)。ペン型でこの明るさは十分です。仕事用にと思い購入しました。